オンライン家庭教師

【オンライン家庭教師】Nettyについて徹底分析|料金、口コミ、評判は?

Nettyってどんなサービスなの?料金とか口コミ・評判を知りたい。

 

このような人のための記事になります。

今回はインターネット家庭教師『Netty』について徹底分析をしました。

利用しようか悩んでいる人、どんなサービスか気になる人はぜひ最後まで読んでください。

知りたいことは網羅してあります。

 

家庭教師を雇いたい保護者の方は、ぜひ読んでください!

 

この記事で分かること

  • インターネット家庭教師Nettyについて
  • サービス内容、料金、口コミ、評判
  • どんな人におすすめか

それではさっそくいきましょう。

 

お知らせ

Nettyでは実際の授業の無料体験ができます。

さらに無料体験に参加することで通常22,000円かかる入会金が0円になります。

オンラインで慣れない部分や不安な部分があると思うので、まずは無料体験に申し込むことをおすすめします。

 

\22,000円分お得になる/

 

Netty(ネッティー)とは

Nettyは、人気教師の授業をインターネットを通じて、全国いつでも・どこでも自宅にいながら受けられるオンライン家庭教師サービスになります。

ノーバスと言う家庭教師の大手会社が行っているサービスなので、安心ですね。

 

対象は小学生~社会人までで、不登校のお子様に向けてのコースも用意されています。

インターネット家庭教師NettyのHPに動画がありますので、参考にしてみてください。

 

Nettyについて
対象学年 小学生~社会人
対象科目 全教科
特徴 教師の豊富さ
無料体験 あり

 

「オンライン家庭教師って何?」という人は、オンライン家庭教師のメリット・デメリットについて詳しくまとめた記事があるので、合わせて読んでみてください。
オンライン家庭教師のメリット・デメリットとは?

 

Nettyに必要なものは?

Nettyを利用するのに必要なものはこちら。

 

必要なもの

  • パソコン(タブレット)
  • インターネット環境
  • WEBカメラ
  • ヘッドホンマイク
  • ペンタブレット

最初は機材を揃えないといけないので大変ですが、パソコンを持っていれば、WEBカメラとヘッドホンマイクは無料でレンタルできます。

 

Nettyの魅力は?

では、次にNettyの魅力をお伝えします。

それがこちら。

  1. 豊富な講師
  2. 手厚いWサポート
  3. ホワイトボード機能

 

順番に解説していきます。

 

豊富な講師

「家庭教師って相性大事だし、指導力もバラバラだから、自分の子どもが勉強できるようになるのか不安…」という人もいるでしょう。

Nettyは3万名を超える教師がいます。その中には東大、東工大、慶應、早稲田などの学生や指導実績のあるプロ家庭教師も多数登録しております。

そのため、お子様にぴったりの先生が見つかりやすいです。

 

さらに相性が合わない、成果が見られないなど、何らかの理由で先生を変更したい場合は無料で変更をすることが可能ですので安心してください。

 

Wサポート

Nettyでは、教師の他に学習プランナーがついてくれて成績アップのバックアップをしてくれます。

具体的には、学習プランナーはご家庭との連携を取り、お子さまの状況を把握し、学習状況をチェックし、カリキュラムの軌道修正を行ってくれます。

これにより、生徒の成績や学力が少しでも上がりやすくなります。

 

ホワイトボード機能

Nettyの授業では、ホワイトボード機能を使っています。これが1番特徴的と言えます。

パソコンの画面上に表示されるホワイトボードに講師と生徒が書き込みながら授業が行われます。

 

生徒が何をしているのかもリアルタイムで分かり、間違っていた場合の指摘もしやすいため、講師が隣にいるかのような感覚で指導を受けることができます。

 

Nettyのコースと料金

続いてNettyの時間割、コース、料金について説明していきます。

 

時間割

希望の曜日・時間帯を選んで指導を受けられます。(日曜日は休み)

1日2コマ以上の受講も可能です。時間は以下の通り。

  • 1時限目 15:00~15:50
  • 2時限目 16:00~16:50
  • 3時限目 17:00~17:50
  • 4時限目 18:00~18:50
  • 5時限目 19:00~19:50
  • 6時限目 20:00~20:50
  • 7時限目 21:00~21:50

 

コース

コースは、大きく分けて6コースあります。

  • 小学生コース
  • 中学受験コース
  • 中学生コース
  • 高校生コース
  • 不登校サポートコース
  • 社会人コース

社会人コースもあるのは珍しいですね。

コースは「苦手克服」「受験対策」など細かく分かれているので、今のお子様の目的に合わせて適切な講師から指導を受けることができます。

 

料金

次はNettyの料金になります。

まずかかる料金はこちら。

 

かかる料金

  • 授業料(月謝)
  • 入会金 22,000円(無料体験参加で無料になる)

教材費や諸経費はかからず、入会金も無料体験参加で無料になりますので、実質かかるのは授業料のみです。

 

では、授業料はいくらなのか。

料金は1コマ50分×月4回(週1回)で必要になる料金を表にまとめました。

 

Nettyの授業料
学年 料金 (月4回)
小学生 1・2年生 8,800円
3・4年生 12,100円
5・6年生 13,200円
中学受験 1・2年生 14,300円
3・4年生 16,500円
5・6年生 17,600円
中学生 1年生 14,300円
2年生 15,400円
3年生 17,600円
高校生 1・2年生 17,600円
3年生 18,700円
海外子女向け 全学年 17,000円
高卒・一般 18,700円

 

このようになります。

料金体系が分かりづらい家庭教師もありますが、Nettyは明確なので安心できますね。

 

他社との比較

他のオンライン家庭教師サービスと料金の比較をしてみました。

60分あたりの授業料比較
サービス名
(1コマの時間)
小学生 中学生 高校生
Netty
(50分)
2,640円~ 4,290円~ 5,280円~
メガスタ
(100分)
4,092円~ 4,092円~ 4,851円~
オレンジ
(90分)
2,200円 2,200円 2,200円
Wam
(90分)
1,634円~ 2,533円~ 3,067円~
ホワイトベア
(90分)
2,200円 2,200円 2,200円
e-Live
(30分)
2,200円~ 3,300円~ 7,700円~
がんば
(30分)
1,500円 1,500円 1,500円
あすなろ
(30分)
1,750円 1,750円 2,250円
ネット松陰塾
(90分)
2,760円~ 2,980円~ なし
家庭教師の銀河
(30分)
2,750円 2,750円 2,750円

 

この表に関して、いくつか注意点があります。

 

注意点

  • 料金は変動する可能性がある
  • サービス内容には多少違いがある
  • 最安料金で書かれている
  • 全て週1(月4)の1回60分に換算
  • あくまでも授業料のみ

 

Nettyの授業料は全体的に高めだということがわかりますね。

ですが、これはあくまで授業料のみです。

教材費や管理費や入会金がかかるところもあるので、総合的に比較しましょう。

 

Nettyの口コミ・評判

Nettyに関する口コミを集めました。

 

良い口コミ

料金設定は適格だと思う。教材に合わせた料金設定で納得がいく内容であった。好きな時に勉強できるので自分の時間を作りやすかった。またペースもよい。(私立中学生の保護者)
教材や講師の先生は比較的しっかりして、子供の学力や学習の進め方を把握してくれているので、子供に合った学習ができています。勉強の時間も都合の良い時にできますし、1回の勉強時間も子供が集中できる長さなので、うちの子にはピッタリです。
オンライン家庭教師の高校生コースの苦手科目克服コースを利用しました。自由に科目を選ぶ事ができて、教師の先生も希望にあった人を選択できるのが嬉しいです。(高校生)

 

悪い口コミ

なかなか成績が上がらず、宿題など自主的に勉強をする流れをこちらからお願いしないと作ってもらえませんでした。ネッティの限られた時間の中だけではもう少し工夫がないと成績が上がるというのは難しいのではと感じました。(公立中学生の保護者)
どうしても授業の時間が限られてしまうので、仕方がないのかもしれませんが、学習成果が期待したほどには得られませんでした。結局はわたしが勉強を教える自宅学習が中心になっています。(小学1年生の保護者)

 

口コミは、オンラインのメリットを感じた人が高評価で、デメリットの方を強く感じた人が低評価になっているようです。

一長一短なので、何を優先したいかが大事になります。

 

Nettyのデメリット

調べてみて分かった、Nettyのデメリットを紹介します。

 

デメリット

  • 授業料が高い
  • 機材が必要
  • 1コマが短い

1つ目のデメリットが授業料の高です。

上の表からもわかるように、Nettyの授業料は高めです。

「なるべく安く雇いたい!」と考えている人からしたら向いていないと言えます。

 

2つ目のデメリットが機材が必要ということ。

ペンタブレットも必要になるため、準備のために初期費用が掛かってしまいます。

買えばあとは使い続けられるので最初の出費だけ我慢が必要になります。

 

3つ目のデメリットが、1コマの時間が短いことです。

家庭教師によっては1コマ90分あるところもあります。

50分ってあっという間に終わってしまうので、物足りなさを感じるかもしれません。

「もう少し長くしたい!」という人は2コマ連続で受講することで対策できます。

 

Nettyはどんな人におすすめ?

Nettyはどんな人におすすめなのか、まとめました。

 

こんなお子様におすすめ

  • 近くに塾がない
  • 家庭教師を派遣してもらうのが厳しい
  • 科目・講師を自由に選びたい
  • 不登校向けのサービスがいい
  • 海外子女向けの勉強法を探している

 

これらに当てはまるお子様は、Nettyが向いています。

とはいえ、オンライン家庭教師は今人気のサービスであり、他も多く存在します。

ちゃんと比較したうえでの利用しましょう。

 

無料体験ができる

Nettyでは実際の授業を無料体験することができます。

実際に体験すると、合っているサービスなのかどうかが分かります。

Nettyが気になっている人は、必ず無料体験に参加してください。

 

さらに無料体験授業を申し込むと、入会金(22,000円)が0円になります。

下のリンクからHPを確認して、申し込みをしてみてください。3分でできますよ。
インターネット家庭教師Netty

 

授業までの流れ

イメージしやすいように授業開始までの流れを説明します。

  1. 無料体験授業に申し込み
  2. スターターキットの発送
  3. 初期設定・動作確認
  4. 無料体験授業の実施
  5. 手続き

この流れになります。

無料体験での印象が良かったら、手続きに進むことになります。

 

Nettyのまとめ

今回は、インターネット家庭教師『Netty』について徹底分析しました。

オンラインであることに不安を感じている人も多いでしょう。

 

しかし、今の時代では学校でもオンライン授業が実施されたように、当たり前のことになっています。

この記事でNettyに興味を持った人は他のサービスと比べながら、利用を検討してください。

 

オンライン家庭教師を試したことがない人は、まずは体験してみてくださいね。

\22,000円分お得になる/

こちらもチェック

【放置ダメ】受験生の親必見、受験ストレスが解消される子どもとの接し方

受験生の我が子と最近上手くいっていない 受験関係でストレスを感じることが増えた   本記事はこのように感じている、受験生の保護者の方に向けての記事になります。   受験生の親となる ...

続きを見る


-オンライン家庭教師
-

© 2021 スタディクエスト Powered by AFFINGER5