予備校 浪人生向け 高校生向け

【2022年度最新】駿台で必要になる具体的な学費・料金はいくら?

駿台ってどれくらいの料金が必要になるの?具体的に知りたい。

 

このように考えている人のための記事になります。

予備校や塾では、「え!?こんなにお金必要なの…」ってなることがあります。

 

なぜなら、授業料だけではなく、教材費、維持費、管理費…などの費用も支払わなければならず、複雑な料金体系をしているからです。

 

後悔したくない人のために今回は「駿台で必要になる具体的な料金」をまとめました。

ぜひ参考にしてください。

 

お知らせ

駿台について徹底分析した記事はこちらになります。合わせて読んでみてください。
駿台とはどんな塾?料金~評判まで詳しく解説

 

駿台でかかる料金

では次に具体的な料金の説明をしていきます。

 

必要になる料金はこちらです。

  • 入学金
  • 授業料(講座数・時間・回数・教室で異なる)
  • 年間システム・サポート料(高校生のみ)

 

入学金は月に何度か行われる入学説明会に申し込んで参加すれば、半分免除されます。

説明会には人数制限があるので、この記事を読み終わったら忘れずに申し込んでくださいね。
駿台の入学説明会の詳細を確認する

 

料金についてもう少し詳しく説明していきます。

 

入学金

こちらが駿台の入学金です。高校生と高卒生とで金額が異なります。

駿台の入学金
高校生クラス 30,000円
高卒クラス 100,000円

 

ただ、条件次第では入学金が無料になることもあります。

 

入学金の免除される条件

  • 入学説明会に参加
  • 駿台在籍者(関連教育機関含む)
  • 講習や模試等の受講者
  • 家族が駿台(関連)に在籍(していた)

など

詳しくは駿台HPや入学要項に書かれていますので確認してみてください。

 

 

高校1・2年生の授業料

次は授業料について説明します。

まずは高校1・2年生から。

下の表がかかる料金になります。

 

支払いは、【一括払い】【分割払い】のどちらかを選択することができます。

なおこの数字は2022年度の【首都圏】の入学要項を参考に作成しました。

 

高校1年生 授業料の目安
授業時間 年間授業料 分割払い(11回)の場合
150分 214,500円 19,500円/月
100分 148,500円 13,500円/月
75分 132,000円 12,000円/月

 

 

具体例(高1のA君の場合)

高校1年のA君は、駿台にこのような目的で通います。

 

  • 難関国公立大学を目指すために英語と苦手な数学の基礎を勉強したい

この場合の年間授業料がこちらです。

A君の場合の年間授業料
講座名 分割払い 合計
難関・英語(150分) 19,500円 214,500円
標準・数学ⅠA(100分) 13,500円 148,500円
一括払いの場合
【入学金】30,000円+【年間授業料】21,450円+148,500円+【年間システム・サポート料】4,400×11回分=441,400
分割払いの場合
初回(入学時) 【入学金】30,000円+【1,2回目の授業料】(19,500円+13,500円)×2+【年間システム・サポート料2回分】4,400円×2=104,800円
3~11回目 【授業料】(19,500円+13,500円)+【システム・サポート料】4,400円=37,400円×9回分 →合計441,400

 

注意しないといけないことが2点あります。

 

1つ目がシステム・サポート料は毎回4,400円かかるということです。

つまり、合計で4,400円×11回分=48,400円が年間でかかります。

 

2つ目が分割にした場合。

入学時に必要なのは入学金だけではありません。

入学金+2回分の授業料+2回分のシステム・サポート料が必要になります。

 

 

高校3年生の授業料

続いて高校3年生でかかる料金になります。

支払いは、【一括払い】【分割払い(8回)】のどちらかを選択することができます。

 

さらに、高校3年生では、「演習プラス」という講座があります。

これは、志望校対策で講座回数は3回ほどです。通常講座を受けた生徒がプラスで受けることができます。

 

通常の授業の場合の授業料がこちらです。

高校3年生 授業料の目安
授業時間 年間授業料 分割払い(8回)の場合
200分 228,000円 28,500円/月
150分 188,000円 23,500円/月
100分 144,000円 18,000円/月
75分 120,000円 15,000円/月

具体例 (高3のB君の場合)

高校3年生のC君は以下のような目的で駿台を利用する予定です。

  • 東京大学(理)を目指して勉強頑張る

この場合の年間授業料がこちらです。

 

B君の場合の年間授業料
講座名 分割払い 合計
東大英語(150分) 23,500円 188,000円
東大理系数学(150分) 23,500円 188,000円
一括払いの場合
【入学金】30,000円+【年間授業料】188,000円+188,000円+【システム・サポート料】4,400円×8回=441,200円
分割払いの場合
初回 【入学金】30,000円+【1,2回目の授業料】(23,500円+23,500円)×2回+【システム・サポート料】4,400円×2回=132,800
3~8回目 【授業料】23,500円+23,500円+【システム・サポート料】4,400円=51,400円×6回分 →合計308,400円

 

ここまで首都圏の高校生クラス(現役生)の授業料を紹介しました。

「自分の地区の授業料が知りたい!」という人に向けて、各地区の入学要項を集めましたので、こちらを参考にしてください。

 

2022年度入学要項

 

高卒生(浪人生)の授業料

高卒生は、駿台がこれからの学校になるイメージです。

選んだコースの時間割に沿って授業が朝から夕方までありますので、その分料金も高くなります。

 

また高卒クラスでは、「プレミアムサポートコース」「個別指導」「特別指導(医系のみ)」を受けることができます。

これらは、1:1の個別指導を受けたい人、厳しく生活・学習管理してほしい人に向けて用意されたものです。

 

今までは、高校に管理してもらっていたのに、急に自分だけでするというのは大変ですよね?

そんな人はぜひこのコースを利用してみましょう。

 

コースの詳細
プレミアムサポートコース 大学受験に必要な基礎から固められる講座(詳細はこちら)
個別指導 カリキュラムに加えて完全マンツーマン(1回90分)で指導してもらえる(詳細はこちら)
特別指導 医系コース独自のサポートプログラム(詳細はこちら)

 

コースごとの料金を下の表にまとめました。

支払い方法は【一括納入】と【分割納入(2回)】が選べます。

高卒コース(文系/理系) 授業料
コース 詳細 年間学費 分割払い(2回)
スーパー東大
文系/理系
通常 860,000円 ①475,000円
②395,000円
個別指導週2回半期 1,348,000円 ①963,000円
②395,000円
個別指導週2回通年 1,660,000円 ①963,000円
②707,000円
スーパー国公立大
文系/理系
通常 860,000円 ①475,000円
②395,000円
個別指導週2回半期 1,348,000円 ①963,000円
②395,000円
個別指導週2回通年 1,660,000円 ①963,000円
②707,000円
国公立大
文系/理系
プレミアムサポート
通常 860,000円 ①475,000円
②395,000円
個別指導週2回半期 1,348,000円 ①963,000円
②395,000円
個別指導週2回通年 1,660,000円 ①963,000円
②707,000円
スーパー早慶大
文系/理系
通常 790,000円 ①434,000円
②366,000円
個別指導週2回半期 1,278,000円 ①922,000円
②366,000円
個別指導週2回通年 1,590,000円 ①922,000円
②678,000円
私立大
文系/理系
プレミアムサポート
通常 790,000円 ①434,000円
②366,000円
個別指導週2回半期 1,278,000円 ①922,000円
②366,000円
個別指導週2回通年 1,590,000円 ①922,000円
②678,000円
高卒コース(医系) 授業料
コース 詳細 年間学費 分割払い(2回)
スーパー国公立大
医系
通常 860,000円 ①475,000円
②395,000円
個別指導週2回半期 1,348,000円 ①963,000円
②395,000円
個別指導週2回通年 1,660,000円 ①963,000円
②707,000円
国公立大医系
プレミアムサポート
通常 860,000円 ①475,000円
②395,000円
個別指導週2回半期 1,348,000円 ①963,000円
②395,000円
個別指導週2回通年 1,660,000円 ①963,000円
②707,000円
特別指導週2回通年 1,705,000円 ①1,008,200円
②707,000円
特別指導週3回通年 2,105,000円 ①1,252,000円
②863,000円
スーパー私立大
医系
通常 790,000円 ①434,000円
②366,000円
個別指導週2回半期 1,278,000円 ①922,000円
②366,000円
個別指導週2回通年 1,590,000円 ①922,000円
②678,000円
特別指導週2回通年 1,635,000円 ①967,000円
②678,000円
特別指導週3回通年 2,035,000円 ①1,211,000円
②834,000円
私立大医系
プレミアムサポート
通常 790,000円 ①434,000円
②366,000円
個別指導週2回半期 1,278,000円 ①922,000円
②366,000円
個別指導週2回通年 1,590,000円 ①922,000円
②678,000円
特別指導週2回通年 1,635,000円 ①967,000円
②678,000円
特別指導週3回通年 2,035,000円 ①1,211,000円
②834,000円

 

一括納入の方が10,000円お得になりますが、高額なので家族で相談して決めましょう。

 

またこれは、首都圏の駿台【高卒クラス】の料金になります。

お近くの駿台の料金を知りたい人は下の入学要項をご覧ください。

 

2022年度入学要項

 

 

駿台の料金に関して

駿台の授業料は決して安いわけではありません。

 

特に高卒コースの場合は、毎日のように通うことになるので料金は高くなります。

お子様のやる気やご家庭の金銭面も踏まえて利用を検討してください。

 

また、料金がどれくらいになるのか、具体例を入れて解説した記事もあるので、合わせて読むとイメージできます。
駿台で必要になる料金はいくら?具体例を解説

 

 

少しでもお得にする方法

駿台の料金を少しでもお得にするためには、「入学説明会に参加する」が1番です。

駿台は毎月数回ほど入学説明会を行っています。

それに参加することで、講座・コース選び→手続き→授業開始までスムーズにできるようになるだけではなく、入学金が半額になります。

高校生の場合は30,000円→15,000円、高卒生の場合は100,000円が50,000円になります。

 

ただ、定員が決まっていますので、申し込む場合は早めがおすすめです。

\入学金が半額になる!/

 

 

まとめ

今回は、駿台でかかる料金を解説しました。

 

塾や予備校は料金を分かりづらくしているところが多いですが、駿台は調べればしっかりと書かれていたので安心でした。

ですが、料金が高いことに変わりはありません。

特に高卒生コースを考えている人は、何十万も必要になります。

 

お金だけで判断してはいけませんが、これも塾/予備校選びの大事なポイントです。

 

駿台予備学校

-予備校, 浪人生向け, 高校生向け
-

© 2022 スタディクエスト Powered by AFFINGER5